drug

抗菌薬クラビット

クラミジアという性病は、その名もクラミジア菌という細菌が体内に入り込むことによって起こります。クラビットは細菌に攻撃を加えて全滅させることができる「抗菌薬」です。

自分で購入できる薬

yellow pills

性行為によって感染する性感染症という病気は、性の価値観が昔と変わって結構「ゆるめ」になっている今の時代、特に気を付けなければならないものとなっています。さまざまな種類の性感染症がありますが、中でもクラミジアには気を付けなければいけません。
クラミジアは10~20代を中心に多くの感染者を出している病気であり、しかも1回の性行為で感染する確率は50%を超えています。クラミジアに罹患している人と2回性行為をすれば、ほぼアウトと考えていいでしょう。もちろん1回目の性行為で一発で感染してしまうこともあります。
感染者の数が多い理由は、この性病が、自覚症状がほとんどないというところにあります。男性の場合は排尿時に痛みがあったり、透明の膿が出てきたりといった目立った症状が出ることもありますが、女性の場合はこれといって目立った症状が出ないという特徴があります。ちょっとした違和感とか、オリモノの量が増えるとか、些細な症状が現れるのみ、とされています。気づかずに感染してしまうことが多いわけです。

とはいえ、もし感染してしまったとしても、感染に気付けたならしっかりとした対処を取ることができます。
クラビットという薬があり、この薬をのむことでクラミジアはきれいさっぱり治してしまうことができるのです。クラビットは病院の性病科でも使われている薬ですし、最近では自分でクラビットを購入して自分でのんで治す、ということも可能です。
感染が発覚したが病院に行くことができない……そんなとき、「自分でクラビットを購入する」という方法がおすすめです。
クラミジアの治療薬はクラビットだけではありません。クラリシッドと呼ばれる抗生物質はクラリスロマイシンを成分として菌の増殖に欠かせないたんぱく質の生成を阻害する働きがあります。
クラミジアの治療以外の分野でもよく処方されることのある薬で安全性も高く評価されています。
またクラビットの欠点を補う形で開発されたのがジスロマックになります。クラビットに比べ少ない服用回数でクラミジアを治療し、完治させます。このジスロマックは副作用も比較的弱い点から同じように病院でもよく処方される抗生物質でもあります。

参考元:クラビットの特徴・副作用・海外通販のすすめ|性病研究所

white pills

クラビットの購入方法

薬は病院で処方箋を書いてもらって手に入れるというのが従来の方法ですが、クラミジアに効くクラビットは自分で購入することができます。この薬を扱っている通販サービスを利用するのです。

blue white pills

検査キットを使おう

自覚症状がないタイプも増えているクラミジア。その存在を知るために使える検査キットが、クラビットなどを扱っている通販サイトにはあります。心当たりがある場合には取り寄せてみましょう。

写真ギャラリー